無償や有償で利用するGoogleMapsAPI

インターネットの分野では、多くのネットサービス会社が新しいサービス開発に取り組んでいます。

地図サービスもまた有力なネットサービスであり、利用者が多いです。

今よりもGoogleMapのライセンスに関する有益な情報をご紹介いたします。

単に行き先を調べるだけに留まらず、観光やグルメと結びついた地図サービスも存在します。
これらのサービス開発に役立つのが、GoogleMapsAPIです。詳細な地図データを利用できるこのAPIを使えば、地図サービスの開発が素早く始められます。

またGoogleMapsAPIは、利用規約に抵触しない範囲であれば、無償でも利用可能なのが大きなメリットです。


まずは、このAPIの利用規約について、読み込むのが大切です。

どの程度まで無償で利用できるのか、その範囲を押えておかなければ、思わぬ出費が伴う可能性があります。もし本格的に地図サービスのためにGoogleMapsAPIを利用するなら、有償版の利用が便利です。



有償版は、ライセンス費用がかかります。
しかし無償版に比べて、多くのアクセスにも対応ができ、また参照できる地図データが多いです。



さらに技術サポートなどもついてくるため、サービスの開発や運営に役立ちます。


始めは無償版でGoogleMapsAPIを使ったネットサービスを開始し、ビジネスが軌道に乗れば商用のライセンスを取得するなどの使い方ができます。

特に、アクセス数が増えて利用制限に抵触することが懸念されるようであれば、有償版の利用について検討を始める必要があります。