無料のGoogleMapsAPIについて

GoogleMapsAPIとは、自社のホームページやサイトにGoogleの地図を掲載することができるシステムのことで、無料で利用することができます。従来、自社のサイトに地図のシステムを導入するには、多額の費用がかかりました。それが、現在、GoogleMapsAPIを使うことで、多彩の情報表現となっている、世界中の地図が自社のサイトに組み込めるわけです。

GoogleMapのライセンスの珍しい情報をご紹介しています。

導入にはJavaScriptを用いるので、サーバー側のプログラム等は必要とせず、無料スペースに設置することが可能になっています。

さらに、画期的な仕組みとして、AJAXと称するブラウザがページの移動によることなく、情報表示を行います。

これによって、ページ閲覧者はドラッグのみで地図をスクロール出来るわけです。



GoogleMapsAPIの無料の標準機能としては、マーカーと立たせることに加えて、情報ウィンドウで地図上に関連情報を表示させることができます。
その他の機能としては、マップ上に自由にマーキングや線が引けます。



GoogleMapsAPIの地図は世界中を網羅していますが、それは他の追随を許さないものと言えます。それは、Googleならではの衛星写真の加工技術が、地球上のほぼ全てを押さえているからです。


それに対して、現在、提供されている他の有料の地図サービスでは、提供会社のページにリンクするような形式がほとんどです。
但し、無料のGoogleMapsAPIでは、地図の中にGoogleのロゴが広告として入り、他にも地図のクレジット表記などが入ります。

また、表示レベルも他のものに比べると、一段階低いものとなります。